世界日報 Web版

「琉球処分」違法論を警戒


「日本沖縄史教育研究会」設立準備県民集会 那覇で開催

「自己決定権」主張に繋がる

「日本沖縄史教育研究会」設立準備県民集会 那覇で開催

 沖縄県における明治維新に当たる1879年の「琉球処分」が国際法からみて「違法」だとする論調を県内主要紙が展開している中で、これに危機感を感じた県内外の有識者らで構成される「日本沖縄史教育研究会」の設立準備県民集会が9日、那覇市内で開催された。同研究会は、教科書に書かれた沖縄の歴史内容を歴史資料に基づいて再検証し、「沖縄は古来一貫して日本だった」ことを発信していく考えで、沖縄では基地問題に加え「歴史認識」が大きな問題になりそうだ。(那覇支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ