世界日報 Web版

前川氏の「嘘」に触れず読売の報道姿勢を批判した池上氏の朝日コラム


◆安倍政権つぶし狙い

 加計学園の獣医学部新設問題をめぐる国会の第2回目の閉会中審査が行われた。前川喜平・前文部科学事務次官の「証言」から始まった加計問題だが、審査では大山鳴動してネズミ1匹どころか1匹も出てこなかった。どう見ても「崩れた『加計ありき』 前川氏、論拠示せず」(産経7月25日付)だった。

 それでも朝日は「加計疑惑 証拠なき否定」(25日付)と「疑惑」のレッテルを貼り続けている。だが、ありもしない「証拠」はどう言われようが出しようがない。それを疑惑と言い募るのは、安倍政権つぶしが狙いなのだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ