世界日報 Web版

人口減少に少子化対策の加速訴えた読売、激減後の社会見据えた産経


◆物足りなさ残る対策

 2053年に1億人を割り、65年には8808万人に減少する――。厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が公表したわが国の将来推計人口である。

 以前から指摘されてはきたが、やはりショッキングな内容である。こうした人口推計を各紙はどう捉(とら)えたか、社説見出しはこれまでに次の通り。掲載順に、朝日(11日付)「政策にどう生かすか」、毎日「質量共に対策が足りない」、本紙(15日付)「若者の結婚を後押ししたい」、読売(17日付)「少子化克服へ対策を加速せよ」、産経「激減後の社会に向き合え」。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP