世界日報 Web版

佳子殿下、静岡の高校馬術大会に


豪雨災害に言及される

700

秋篠宮家の次女佳子殿下は、第52回全日本高等学校馬術競技大会の開会式であいさつされた=25日午前、静岡県御殿場市

 秋篠宮家の次女佳子殿下(23)は25日、静岡県御殿場市で開催された第52回全日本高等学校馬術競技大会の開会式に出席された。6月に英国留学から帰国した後、佳子さまが地方公務を行われるのは初めて。

 開会式のあいさつで佳子さまは、7月に起きた西日本を中心とした豪雨災害について触れ、「亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被災された方々にお見舞いを申しあげます」と述べ、被災地の速やかな復旧を願う気持ちを示された。

 馬術競技大会には、地域ブロック予選を勝ち抜いた25都道府県36校の高校生が参加した。佳子さまは午後、競技の様子も見学された。