世界日報 Web版

秋篠宮殿下御夫妻、九州豪雨被災地に


 秋篠宮殿下御夫妻は21日午後、九州北部豪雨で被害を受けた福岡県朝倉市を訪ね、土砂や流木で川が氾濫した現場などを視察された。

700

秋篠宮殿下御夫妻は九州北部豪雨の被害について説明を受けられた=21日午後、福岡県朝倉市(代表撮影)

 同市杷木地区の赤谷川周辺では、県職員が川の流域の被害状況などを説明。県内で34人が犠牲になり4人が行方不明になっていると聞き、御夫妻は手を合わせて黙とう、紀子殿下は県職員に「健康に留意してください」と声を掛けられたという。

 その後、同市内の多目的施設で被災者8人と懇談。参加した同市長田の羽野斌さん(70)によると、秋篠宮さまは「被害がひどかった所は大変でしたね」と被災者を気遣われたという。羽野さんは「被災地にお見えになっていただきありがたい」と話した。

PAGE
TOP