世界日報 Web版

同性婚全米で合法化 さらなる社会の混乱必至


800

強まる反対派への「逆差別」

 米連邦最高裁判所が26日に同性婚を禁止した州の規定に違憲判決を下したことで、全米50州で同性婚が認められることになった。だが、結婚の定義を司法が一方的に変えたことに強い反発が出ている。今後、結婚を男女間のものと信じる人々への「逆差別」が一層強まることが予想されるほか、一夫多妻の合法化に道を開く可能性もあり、判決は米社会に大きな混乱をもたらすことは必至だ。(ワシントン・早川俊行)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ