世界日報 Web版

学校で動物を飼う意味とは?


学校で動物を飼う意味とは?

情愛から身に付く観察・表現力、飼い続けることで責任感育つ

 「動物飼育を通して生命を実感させ、情愛豊かな子供を育てたい」という趣旨で行われている全国学校飼育動物研究大会が第20回を迎えた。「学校で動物を飼うことの意味を改めて考える」と題して、このほど東京都文京区の東京大学弥生講堂で大会が行われた。東京都大田区立田園調布小学校校長の茂呂美恵子氏は、動物飼育推進校に指定されている、前任校の大田区立赤松小学校の実践活動について語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ