世界日報 Web版

中国の鳥インフルエンザに警戒が必要


中国の鳥インフルエンザに警戒が必要

宿主内で遺伝子変異、無数の新型に

 「どこまで知ってる? インフルエンザ」と題した都民講座が、このほど、東京都中央区の一橋講堂で開かれた。公益財団法人の東京都医学総合研究所 分子医療プロジェクトリーダー医師・医学博士 芝崎太氏がウイルスの変異の仕組みなどインフルエンザの基礎知識について講演した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ