世界日報 Web版

自衛隊、頼れる「最後の砦」


 平成という時代が終わろうとしているが、この30年間で、自衛隊を取り巻く環境は大きく変わった。

 国内では雲仙普賢岳噴火後の災害派遣を皮切りに、常に災害現場に自衛隊がいる。また、イラク戦争後のペルシャ湾への海上自衛隊掃海部隊の派遣を皮切りに、国際貢献活動も新たな任務となった。

 災害派遣や国際貢献活動などを通じ、国民の自衛隊に対する認識も大きく変わる中、今月17日に行われた防衛大学校の卒業式に出席した安倍晋三首相は、訓示の中で次のような話を披露した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ