世界日報 Web版

世界で増す民族浄化


山田 寛

日本も条約に加入すべきだ

 世界の自由度調査で定評のある国際NGO「フリーダムハウス」が先月発表した19年版報告によれば、13年連続で自由と民主主義が後退した。

 209の国・地域の「政治的権利と自由」度を100点満点で採点、最高の1から最低7まで0・5刻みでランク付けし、更に「自由な国」「部分的に自由な国」「自由でない国」に分類している。その数字の悪化が続く。「自由な国」は08年の46%が44%に減り、「自由でない」は22%から26%に増えた。世界は20世紀末に蓄えた自由と民主主義拡大貯金を食い潰(つぶ)しつつある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ