世界日報 Web版

日本人に忍び寄る睡眠薬強盗


地球だより

 マニラ首都圏で外国人観光客を相手に横行する睡眠薬強盗。飲み物に入れた強力な睡眠薬で被害者を眠らせて、その隙にATMカードを奪い銀行から現金を引き出すという手口だ。日本大使館の警告にもかかわらず、最近また日本人観光客が犠牲になった。

 現地メディアの報道によると、被害者は22歳の日本人男性で、ショッピングモールで3人組のフィリピン人女性に声を掛けられて親しくなり、彼女たちの家で行われる飲み会に招待された。

 そして男性がビールを2本ほど飲むと急に意識を失い、気が付くとすでに深夜となっていたという。

 男性が宿泊しているホテルに戻ると、日本から30万円の現金が口座から引き出されたという連絡を受けた。そして改めて所持していたバッグを確認すると、5万円の現金のほかビデオカメラが盗まれていたことが分かった。

 今回の場合、犯行場所は民家だが、レストランやバーなどで犯行が行われることも珍しくないので注意が必要である。

 いずれにしても普通のフィリピン人が、わざわざお金と時間を割いて外国人をもてなすというのは、ちょっと考えられないことだ。くれぐれも初対面のフィリピン人に誘われても、一緒に食事などに行かないよう改めて注意したい。容疑者らは外国人を騙(だま)すことに長けた、一流の役者であることを忘れないでほしい。

(F)