世界日報 Web版

中国、米政権批判本を積極報道


ビル・ガーツ

 中国政府のプロパガンダメディアが、トランプ米大統領を批判したワシントン・ポスト記者、ボブ・ウッドワード氏の新著「フィアー(恐怖)」を積極的に取り上げている。内容の一部が公表されると、その2日後の6日には、中央テレビ(CCTV)などの主要国営メディアが大々的に報じた。

 同書は、錯乱しているとトランプ氏を嘲笑し、反大統領の陰謀を企てたり、政策を妨害したりするなど、高官による反乱が起きている主張している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ