世界日報 Web版

フェイク退治を名分に、世界で報道の自由抑圧が進む


山田 寛

 世界流行語大賞があれば、今年の1位は「フェイク(偽)ニュース」だろう。

 報道を「国民の敵」と呼ぶトランプ米大統領は、先日も「報道の80%はフェイク」と決め付けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ