世界日報 Web版

中露のインフラへサイバー攻撃も


ビル・ガーツ

 米サイバー軍司令官、国家安全保障局(NSA)局長に指名されているポール・ナカソネ陸軍中将は上院公聴会で先月、米軍のサイバー部隊は、中国、ロシアとの間に紛争が起きた場合、サイバー攻撃を行って、両国の重要インフラを停止させる用意があることを明らかにした。

米次期サイバー軍司令官が証言

 中露両国が、送電網、輸送、金融など米国の重要インフラに使われているネットワークの調査を行っていることは知られているが、米軍による外国のインフラに対するサイバー攻撃が公の場で取り上げられるのはこれが初めて。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ