世界日報 Web版

中国軍、米石油企業システムに侵入


ビル・ガーツ

USTRが大物ハッカー名指し

 米通商代表部(USTR)は中国政府の不公正な貿易慣行に関する最新の報告で、人民解放軍(PLA)の将官が、米石油・ガス企業などに対するサイバースパイ活動を指揮していたことを初めて明らかにした。 スパイ活動を指揮していたのは、最近まで人民解放軍総参謀部第3部(3PLA)の部長だったPLAの劉暁北少将。劉氏は、国営企業の中国海洋石油(CNOOC)と交渉中の米企業に対するサイバースパイ活動を指揮したという。米政府が中国軍の大物ハッカーを名指しするのは初めてのこと。今後、米国の制裁の対象となる可能性がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ