世界日報 Web版

米政府、北朝鮮のサイバー攻撃めぐり警告


ビル・ガーツ

 米連邦捜査局(FBI)と国家安全保障省(DHS)はこのほど、北朝鮮がマルウエア(悪意あるソフトウエア)を使って乗っ取ったコンピューターのネットワークを築き上げようとしていると警告を発した。このネットワークは、重要インフラへの大規模なサイバー攻撃に利用される可能性があるという。

 警告では、北朝鮮ハッカー集団を「ヒドゥン・コブラ」(隠れたコブラ)というコードネームで呼び、ヒドゥン・コブラが世界中のメディア、航空、金融、重要インフラを攻撃するために使っているツール、ネットワークを明らかにしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP