世界日報 Web版

憎悪犯罪に対する偏見 The bias of hate crimes


 ワシントンD.C.全区選挙区選出の連邦下院議員、エレノア・ホルムズ・ノートン女史は、ワシントンD.C.の連邦検察官側の、いわゆる「憎悪犯罪」に対する関心の欠如、追及の不足と彼女が主張している事態に不安を感じている。

 ノートン女史は、連邦検事事務所が市の大部分の刑事事件を取り仕切っているのだと言って、D.C.の検事、ジェシー・リュー女史に今夏、2度にわたって書状を送り、リュー女史の司法行政に取り組む姿勢が無気力と取り沙汰されていることについて説明を求めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ