世界日報 Web版

米大統領選、危うい選挙戦略


マーク・ティーセン

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 トランプ大統領は、ニューハンプシャー州で新たな選挙演説を披露した。「私を好きであろうと、嫌いであろうと、私に投票しなければならない」。強い経済を引き合いに出しながら、「(私が負ければ)401Kもすべて水の泡になってしまう」だから、「ほかに選択肢はない」と有権者を前に語った。演説後には、ローリングストーンズの「欲しいものがいつも手に入るわけじゃない。でも、探せば見つかるかもしれない。欲しかったものが手に入るはずだ」と歌う曲を流す念の入れようだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ