世界日報 Web版

問題を抱えている国の緊張はさらに強まる More tension in a troubled country


 2軍チーム(注)が舞い戻って来ている――と言っても本当に、彼らが、居なくなっていたらの話だが。5年以上前に、バラク・オバマ大統領は、テロや、悲惨な事件を拡散し続けている残忍なイスラム教徒集団「イスラム国(ISIS)」を単なる2軍のイスラム聖戦主義集団と片付けていた。ところが、週末にかけて、約63人のアフガニスタン(以後アフガン)人が、カブールの結婚式で殺害され、100人以上が負傷した。伝えられるところによると、自爆犯は、数百人の労働者階級のアフガン人が楽しげに踊ったりして、祝っていた満員の結婚式場に入って来たのだという。時を置かずに、その中の数十人が殺害されたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ