世界日報 Web版

トランプ米政権、請負業者の信教の自由擁護でLGBT勢力の反発を招く Trump administration incurs LGBTQ wrath in bid to expand religious protections for contractors


 トランプ米政権は14日、連邦政府の請負業者に対する信教の自由擁護を拡大した。これは、差別と戦うLGBTQ(性的少数者)組織と宗教的信念に沿って事業を運営する雇用主との間で繰り広げられている戦いの最前線だ。

 この規則は労働省連邦請負業務監視プログラム室が提案したもので、「宗教系組織は連邦政府の制裁を恐れることなく、自分たちが忠実に守る宗教上の教義や信念に沿って雇用上の判断を下すことができる」ことを明確にするものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ