世界日報 Web版

米国の東アジア戦略に悪影響、日韓摩擦で専門家らが懸念


800

 日韓関係が悪化の一途をたどる中、米有力シンクタンク、ヘリテージ財団で7日、「日韓貿易紛争」をテーマにシンポジウムが行われた。米専門家たちは、日韓摩擦が米国の対北朝鮮、対中国政策を阻害することに懸念を示したほか、韓国の文在寅政権の対日姿勢への批判も出た。(ワシントン・山崎洋介)

文政権の対日姿勢に批判も


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ