世界日報 Web版

一人の大量殺人者が死んだ時 When a mass murderer dies


 ようやく、ちょっとした伝えるべき朗報が届いている。世界最大規模の大量殺人を犯した人間の一人が――若くして命を絶たれた何十万という人々にとっては不公平な話かもしれないが――ついに、93歳という十分に熟した年齢で、騒がしい現世を去ったのだ。カンボジアを恐怖のどん底に突き落としたクメール・ルージュ政権時代のポル・ポトの相談役だったヌオン・チアが、病院のベッドで週末に死亡した。その時、彼は終身刑の受刑者であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ