世界日報 Web版

バーレーンでイランめぐる海事サミット U.S., Bahrain tout maritime summit focused on Iranian threat


 ペルシャ湾岸の小国バーレーンが、今秋実施される、イランによる地域の海上・航空への脅威に関する国際サミットを主催することで合意した。イラン軍は、石油タンカーへの一連の攻撃と米無人偵察機の撃墜で米国から非難されている。

 バーレーンのハリド外相と米国のフック・イラン特使が17日のワシントンでの会合で明らかにした。開催は10月末になるとみられ、2月にポーランドのワルシャワで開催され、数十カ国が参加した米主導の中東会議を基に行われる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ