世界日報 Web版

女子競技への「男子」参加は不公平 米の16歳選手ら


セリーナ・ソウルさん

過剰なトランスジェンダー擁護に異議

 米国で心と体の性別が一致しないトランスジェンダーの権利を擁護する動きが広がる中、「生物学的な男性」が女子のスポーツ競技に参加することに反対の声が上がっている。東部コネティカット州の高校に通う女子選手ら3人は先月、身体的な優位性を持つ「男子」が女子競技に出場することで公平な競争の機会を奪われているとして、代理人を通じて連邦教育省に不服を申し立てた。(ワシントン・山崎洋介)

教育省に不服申し立て


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ