世界日報 Web版

サッカー界に波紋、米女子代表チームがキリスト教徒の選手を外す U.S. women’s team snub of Christian player roils soccer


 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)で歴史的な優勝を飾った米国代表チームに対する祝賀が続く中、ある疑問が再浮上している。米国のベストプレーヤーの一人がなぜそこにいないのか、という疑問だ。

 米女子プロサッカーチーム、ノースカロライナ・カーレッジのスター、ジャエリーン・ヒンクル選手(26)は、米国一の左サイドバックと言われていた。だが、ヒンクル選手は代表チームに選ばれなかった。サッカーの能力ではなく政治的判断が影響したとみられている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ