世界日報 Web版

アフガン駐留米兵の数で食い違い Mixed messages cloud endgame in Afghanistan


 アフガニスタンの反政府勢力タリバンとの交渉が正念場を迎える一方で、トランプ大統領の駐留米軍の数をめぐる発言が波紋を呼んでいる。トランプ大統領は米兵撤収を目指して交渉を進めており、専門家らは、矛盾したメッセージは、17年かけて進められてきた交渉の障害となる可能性があると指摘する。

 トランプ氏は1日、FOXニュースでのインタビューで、アフガン駐留米兵は「約9000人に減らした」と述べた。国防総省当局者らは4日、現在駐留しているのは1万4000人で、そのうち約9000人がアフガン治安部隊への訓練、アドバイスを行っていることを明らかにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ