世界日報 Web版

バイデン氏 中絶支援を一転支持


マーク・ティーセン

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 民主党のカトリック教徒の政治家らは何十年もの間、個人的には中絶に反対するが、宗教的価値観を押し付けることはできないと中絶賛成を正当化してきた。これは、罪のない胎児の命を守れなかったことを正当化し、覆い隠そうとするための言い逃れというのが大方の見方だ。しかし、バイデン元副大統領は、これを事実だと思っているようだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ