世界日報 Web版

10月にボリビア大統領選、現職のモラレス氏が憲法無視して4選出馬


400

独裁化恐れる有権者

 今年10月に南米ボリビアで大統領選挙が実施される。現職の反米左派エボ・モラレス大統領(56)は先月18日、中部カラスコ県チモレで4選を目指して大統領選挙に出馬することを表明した。しかし、4選出馬には批判の声も上がっている。(サンパウロ・綾村 悟)

貧困層からは根強い支持


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ