世界日報 Web版

ロー対ウェイド判決の破棄を目指し、最高裁向けの中絶禁止法で競い合う共和党州 Red states compete to topple Roe with pro-life bills aimed at Supreme Court


 もし米連邦最高裁が1973年の(女性の中絶権を認めた)ロー対ウェイド判決に対する異議申し立てを審理する時は、アラバマ州の訴訟であってほしい。テリー・コリンズ同州下院議員はそう望んでいる。

 コリンズ氏が提出した、事実上、ほぼすべての状況で中絶を禁止する法案は15日、ケイ・アイビー知事の署名により成立した。アラバマ州はこれにより、今年に入って全面的な中絶禁止法を成立させた約12州の一つとなった。共和党はロー対ウェイド判決の破棄を目指し、勢いに乗って最高裁へと突き進んでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ