世界日報 Web版

徒労に終わりつつあるアフガン戦争 Losing the war in Afghanistan


 アフガニスタン(以後アフガン)における戦争、これは、ロシア人にとって高くついた負け戦(いくさ)だったが、米国にとっても同様に、結局、高価な負け戦になろうとしている。米国人の血が流され、カネがつぎ込まれながら、アフガンでテロを根絶し、安定を築こうとした米国人の苦闘が失敗しつつある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ