世界日報 Web版

米司法長官、ロシアとクリントン陣営のつながりを調査していることを認める Barr confirms probe of Russia-Clinton links


 ウィリアム・バー米司法長官は1日、ロシアの工作員が2016年大統領選の期間中、ヒラリー・クリントン候補の陣営に偽情報を流した可能性について、司法省が調査していることを明らかにした。

 バー氏は上院司法委員会の公聴会で、激しい反トランプ派のFBI(連邦捜査局)高官がクリントン候補と共和党のドナルド・トランプ候補に対する捜査に関して下した重要な決定を含め、「2016年夏の動き」について範囲を広げて再調査していると語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ