世界日報 Web版

移民「偽家族」発見へDNA検査 DNA tests at border to help ID ‘fake families’


 国境警備当局はこの7カ月間で、1000以上の「偽家族」を見つけ出した。米国に侵入するために他人の子供を利用しようとする大人が増えているからだ。

 国土安全保障省当局者らは1日、この数字を発表、DNA検査を行って米メキシコ国境から侵入しようとする子供と成人の親子関係を確認するための試験プログラムを公表した。

 同省当局者は偽家族について、「増加する傾向にあることは間違いない」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ