世界日報 Web版

INF破棄よりロシアの弱点を突くべし/最新報告 Trump should exploit Russian ‘weaknesses’ but keep nuclear treaty intact: Report


 国家安全保障に関する最新報告によると、トランプ政権は、冷戦時代の主要核兵器条約の一つの破棄を発表したが、世界中で行われるロシア軍の挑発や情報戦に対抗するにはそれほど効果はない。報告は、賢明なホワイトハウスなら、ロシアの経済的、政治的弱点を突く戦略に注力するはずだと指摘している。

 報告は、ブッシュ父子両政権の元外交官が主導して作成したもので、米政府は、ロシアが順守していないとして1987年の中距離核戦力(INF)全廃条約を破棄するとロシアに圧力をかけているが、最終的には、ロシアよりも米国にとって負担となる可能性があると主張している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ