世界日報 Web版

「グリーン・ニューディール」をめぐる駆け引き A vote for the Green New Deal


 気候変動政策「グリーン・ニューディール(GND)」とは、エネルギーの効率化を図るために、米国の建物を一棟残らず改築するか、建て直すかして、米国経済を10年以内に完全な「脱炭素化」へ向かわせるという、ばかげた計画のことである。そして、(牛が多量にゲップを出すような)米国農業に宣戦布告し、そして、さらに加えて、それは「全米国民に質の高い医療制度、手頃で、安全で、経済的安全、そして、きれいな水や空気へのアクセス、手頃な値段の食糧を提供し」「家族を養える給料、そして、医療休暇、有給休暇、全米国民への退職後の保障などを保証する」というのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ