世界日報 Web版

恥ずべきブレナン元CIA長官


マーク・ティーセン

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 モラー特別検察官は「トランプ陣営またはそこに関連する何者かが、ロシア政府と共謀、連携した事実を発見できなかった」。この問題に関して、釈明すべき人々がワシントンには数多くいる。

 トランプ大統領は大統領選に勝利するためにプーチン・ロシア大統領と共謀したと訴えた記者、識者らならず者の面々はとりあえず置くとして、何よりも狡猾(こうかつ)なのは、極秘情報を入手し、ありもしなかったこと、つまり、トランプ・ロシア共謀の証拠を持っていると米国民に思わせた面々だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ