世界日報 Web版

中絶推進組織への海外援助禁止を拡大 Foreign aid ban for pro-abortion groups expanded


 トランプ米政権は26日、「国際的な人工妊娠中絶産業」を沈黙させる取り組みを強化した。現在、中絶を実施または促進する非政府組織への資金拠出を禁止しているが、その対象をプロチョイス(女性の選択権を支持する)政策のためにロビー活動する海外組織にも拡大した。

 マイク・ポンペオ国務長官は26日午前、中絶を促進する取り組みを支援する組織に、90億㌦の海外援助予算を一切拠出しないよう国務省に指示したことを明らかにした。これは、外国で行われる中絶に米国の海外援助が使われるのを禁止するためにレーガン元大統領が最初に導入した、いわゆる「メキシコシティー政策」を拡大するものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ