世界日報 Web版

米太平洋艦隊司令官、中国に対抗するには不十分と警告 Adm. Philip Davidson: Navy fleet is ‘half of what I requested’ to curb China


 米海軍当局者らは27日、議会で、太平洋艦隊は、中国の軍事的影響力拡大を阻止するために戦っているが、そのために必要な潜水艦、空母、攻撃用艦艇の半分しか保有していないと警告した。

 インド太平洋艦隊のデービッドソン司令官は下院議員らを前に、現在の艦隊は昨年度、国防総省に「要求したものの半分」だと主張した。

 海軍幹部らは、2020年度の総額2050億ドルの予算要求の中で、新たに12隻の潜水艦と艦艇を調達するために222億ドルを要求した。この中には、3隻のバージニア級潜水艦と3隻のアーレーバークレー級ミサイル駆逐艦、1隻のフォード級空母が含まれる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ