世界日報 Web版

西部で再生可能エネルギーに反対 Across Western states, voters reject renewable energy initiatives


 【デンバー】地球温暖化は6日の中間選挙で注目されることはなかった。化石燃料反対を訴える活動は西部州で敗北、壊滅的な気候変動へ警告を発する環境グループにとっては痛手となった。

 選挙では、コロラド州で水圧破砕法のほとんどを禁止すること、アリゾナ州の再生可能エネルギーの水準の3倍化、ワシントン州での画期的な二酸化炭素排出課税は拒否された。これは、地球を救うためには負担の重い政策が必要だと有権者に説得することがいかに困難かを物語っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ