世界日報 Web版

キリスト教徒への弾圧 Suppression of the Saints


 米国のキリスト教宣教師、アンドルー・ブランソン氏は2年間、トルコの刑務所に収監されていたが、トランプ政権の賢明な働きによって、すべての米国人が分かち合うお祝い気分の中で故国に戻った。しかし、これによってキリスト教徒の迫害は、今ほど拡大したことはないという現実を隠したままにしておくことはできない。

 この福音派キリスト教の牧師は、トルコのエルドアン政権に対する2016年のクーデター未遂事件後に、禁止されたギュレン運動を含む政治グループと関係を持った疑いがあるとのでっち上げの嫌疑で逮捕されたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ