世界日報 Web版

変貌するスウェーデン Changing Sweden


 数十年間、米国のリベラル派は、大西洋のかなたを羨望(せんぼう)をもって眺めてきた。フランスは医療を社会化し、ドイツは強い労働組合を持っている。イタリアとフランスには優れた食糧がある。

 スウェーデンは特に、理想化されることがよくあった。潤沢な福祉予算、小さな所得不均衡、そして、指針となる政治的イデオロギーとしてフェミニズムがあることなどを見て、米国のリベラル派は、スカンディナビアの地を、何かしら北極星のように頼りにしていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ