世界日報 Web版

次期テロ対策責任者、同盟国の重要性を強調 Trump’s counterterrorism pick stresses need for allies


 トランプ政権のテロ対策機関の次期トップは25日、米国家安全保障・情報機関は北大西洋条約機構(NATO)などの既存の同盟国との関係を強化し、新たな同盟国を獲得し、次世代のテロの脅威に対処しなければならないと主張した。

 退役海軍中将ジョセフ・マクガイア氏は上院情報特別委員会で、ドイツ、フランス、英国など古くからの同盟国との関係に亀裂が入れば、米国を危険にさらすことになると証言した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ