世界日報 Web版

米国務長官、あす再訪朝


「非核化」具体策が焦点

 米国務省は2日、ポンぺオ米国務長官が5~7日の日程で北朝鮮を訪問すると発表した。北朝鮮の高官と非核化に向けた協議に臨む。米朝首脳会談で確認した「完全非核化」の期限や方式などを具体化できるかが焦点となる。また、ポンぺオ氏は、7、8日には初来日する。安倍晋三首相や河野太郎外相と会談する見通しで、韓国メディアによると、康京和外相も訪日を調整している。

ポンぺオ氏

ポンぺオ米国務長官(AFP時事)

 ポンぺオ氏はこれまで、首脳会談の準備のため2回訪朝し、いずれも金正恩朝鮮労働党委員長と会談している。首脳会談後初となる今回も、正恩氏と会談するとみられる。

 米メディアは最近、北朝鮮が米朝首脳会談後も核燃料の生産を継続し、核兵器や関連施設を隠蔽(いんぺい)しようとしているなどと相次いで報道。米情報機関当局者が、正恩氏の「核放棄への意志」を疑問視しているとしている。

 こうした状況に、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は「北朝鮮が期限を設けない協議を可能な限り長く引き延ばし、その間に米国の新たな譲歩を引き出そうとする従来通りのパターンに徹する可能性がある」と指摘する。

 ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は1日、CBSテレビのインタビューで「北朝鮮が核・ミサイル関連施設をすべて開示すれば、1年以内に廃棄できる」と指摘し、これについてポンぺオ氏が北朝鮮側と議論すると述べた。ただ、ポンぺオ氏は北朝鮮に非核化の期限を求めない姿勢を示している。

 今回のポンぺオ氏訪朝では、米側が北朝鮮に非核化に向けた日程など具体策を迫れるかが注目される。

 ポンぺオ氏は訪日後、8~9日にベトナム、9~10日にアラブ首長国連邦(UAE)、10日~12日にベルギーを訪問する。

(ワシントン山崎洋介)