世界日報 Web版

リベラルな当局に妨害される宗教系養子縁組あっせん組織 Faith-based adoptions hampered by liberal officials


 宗教系の社会奉仕団体は、養子縁組を待っている多くの里子たちに愛情にあふれた家庭を割り当てる上で重要な役割を担っていると、専門家は指摘する。だが、リベラルな幾つかの地域は最近、信仰と養子縁組あっせん事業を切り離させようと動いている。

 カリフォルニア州、マサチューセッツ州、イリノイ州、フィラデルフィア、ワシントンDCでは、養子縁組をあっせんする組織が、子供は母親と父親のいる家庭に迎えられるべきだという信念の故に閉鎖を余儀なくされた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ