世界日報 Web版

マクロン氏訪米を教訓に


マーク・ティーセン

米コラムニスト マーク・ティーセン

 共和党の歴史の中で初めて上院外交委員会の過半数が、大統領指名の国務長官候補の承認に反対する可能性が高まっている。そうなれば、マイク・ポンペオ氏の経歴に傷が付くだけでなく、名高い委員会の評判も損なわれることになる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ