世界日報 Web版

銃乱射犯の大半が父親のいない家庭で育つ Most mass shooters grew up with absent fathers


 銃規制に取り組む活動家たちは、乱射事件をすぐに拡散する銃のせいにするが、拡散する父親のいない家庭についてはあまり指摘しない。

 しかし、調査によると、学校銃乱射犯は、片方または両方の親がいない、薬物中毒、または虐待する崩壊家庭の出身者が多いことが分かっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ