世界日報 Web版

ペンシルベニアの戦いはまだ終わらない The last hurrah in Pennsylvania


 (往年のヤンキースの名キャッチャー)ヨギ・ベラがかつて私たちに気付かせたように「本当の終わりが来るまでは終わりではない」のだ。別の哲学者は、かつて、「希望は永遠に湧き出る」と語った。

 哲学者の名言を持ち出した趣旨は、民主党が全得票数22万8000票の選挙に627の票差で勝ったと思われるあのペンシルべニア州南西部の連邦下院補欠戦の共和党候補に希望を持ち続けるようにと伝えることである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ