世界日報 Web版

国務長官交代と米外交・安保


加瀬 みき

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

 レックス・ティラーソン米国務長官は昨年後半から「歩く亡霊」といわれてきた。トランプ大統領と政策も人格的にも合わず、大統領に疎まれていたのは、誰の目にも明らかであった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ