世界日報 Web版

オバマ政権時の教育指針で学校が荒廃 Obama policy blamed for chaos in schools that hurts minorities


 オバマ政権は当時、学校にマイノリティー(少数派)の生徒へのしつけを緩和するよう命じたが、トランプ政権は、この命令を改めようとして、人種差別主義者だと非難されている。しかし、この命令によって、少数派を含む子供の日常がかえって難しくなり、学内の荒廃も進んだ。

 リトルロックで教会による学童保育プログラムを行っているバージニア・ウォルデン・フォードさんに最近、驚くようなことがあった。学校が終わる前に、黒人の女子児童がおびえた様子で、教会を訪れ、学校に行かなかったと言ったのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ