世界日報 Web版

FBIの失態 Bungling at the FBI


 警察官の運命は、めでたいことだけではない。ここのところ、連邦捜査局(FBI)にとっては、惨めな日が続いている。そこは、派手な政治的捜査というへまをやったと言って、責められ、傷ついていた。そして、また、旧弊なメディアが一斉に、フロリダの子供たちに対して大量殺戮(さつりく)が行われた件でドナルド・トランプと銃を攻撃しようと構えていた、ちょうどその時に、FBIが、今回の筆舌に尽くし難い悲劇を防ぎ得た可能性のある警告を無視したことが発覚したのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ