世界日報 Web版

“融和五輪”の裏でサイバー攻撃


800-1

特報’18

 昨日閉幕した韓国・平昌冬季五輪で融和ムードを演出した北朝鮮。しかしその裏では、成り済ましメールで韓国側を監視したり、情報窃取を試みるサーバー攻撃が仕掛けられていたことが分かった。開会式の日に発生した内部システムダウンへの関与も疑われており、北朝鮮への不信感はさらに深まりそうだ。(ソウル・上田勇実)

文政権は刺激避け「緘口令」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ